35歳は社会のことがわかってくる年代で自分の人生を考える時期です

35歳は転職適齢期

学校を卒業して就職、そのまま同じ会社に定年まで勤めるというケースが少なくなってきました。以前は終身雇用が一般的でしたが、近年は会社の経営状態次第ではリストラや早期希望退職を募るケースが増えてきたのです。また会社の都合でなくても、就職した会社が自分のイメージと違ったなどの理由で転職する人がいます。残業が多い、残業代が出ない、休日出勤が多いなど会社への不満が転職の動機になることもあります。


リクルートエージェント

では転職は何歳ぐらいでするのがいいのでしょうか?新卒で就職してすぐに転職すると、「辛抱強さがない人」と思われてしまいます。そうかといって40代、50代では新たな仕事を探すのは難しいようです。30代半ばくらいなら、社会のことがよくわかってきます。会社の不合理なところ、我慢すべきところとどうしても我慢できないところがわかってくる年代だと言えるでしょう。

そういう意味でも35歳は転職の適齢期だと言えるのです。まだまだ人生の途中である35歳で、いかにいい転職をするかがその後の人生を左右すると言ってもいいでしょう。会社の事情で退職してしまった人も、自分の意思で退職した人も、いい転職をするにはどうすればいいかを考えてみましょう。

求人には年齢は記載されていませんが、実は「35歳まで」と考えている企業が多いそうです。実際は40代でも能力があれば採用したいようですが、30代半ばまでと考えることが多いようですね。40代を過ぎると給料を高く支払わなければいけないという会社側の苦しい事情があります。かと言って20代では経験不足で、なんだか頼りないと考えるのでしょうか。30代はリーダーとしても育てたいし、現場でバリバリと活躍してほしいと思われる年代なのだと言えます。

それだけ期待されているので、35歳で転職を考える人は、いかにその会社で自分が貢献できるかをアピールする必要があります。この時代ですから必ずしも大歓迎ではないということです。人件費は押さえたいけれど人材は必要だという会社側の苦肉の策で、若くても仕事ができない未熟な人よりはある程度仕事ができて給料はそれほど高くなくてもいい30代を雇いたいと考えているのですから。そのためにも面接での受け答えはしっかりとやっておきましょう。好印象を残せたら、いい結果が得られるでしょう。